毎日の食事で補いきれないままにヌーボな栄養素を

妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

大事な栄養素が含まれていますから、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。

また、栄養バランス良くさまざまな食材をとるのが理想的です。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けるようにしましょう。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、一度言ったら気が乗らないふうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。

私の場合はそれが良かったのでしょう。それからしばらくしたら、下の子を授かりました。

葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、造血に必須の栄養素です。
ビオチンの副作用と注意点

それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、妊娠のチャンスが直接的に増えるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。

ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。